スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

9月, 2017の投稿を表示しています

祝完結! 長編SF少女漫画「7SEEDS」

『7SEEDS』 田村由美 著


ごちそうを食べて自分の部屋で寝たはず…だが目覚めると、ナツは荒れ狂う海の上にいた。どうして自分がここにいるのかわからない。やがて流れ着いた無人島。生きるための過酷な冒険が始まった!!
人類の存続をかけて、星座の位置さえ変わるほどはるかな未来に流された少年少女たち。何もかも変わり果てた「日本」で、彼らは生き残っていけるのか……。

16年に及ぶ連載が終了し、完結編となる35巻が発売になりました。



もうそんなに経ったのか、と思います。こちらの作品は比較的テンポよく刊行され続けてきて、「次の新刊なかなか出ないな」とやきもきさせられた記憶がありません。

それがふっつり無くなると思うと、○○ロスという言葉をよく聞きますが、7SEEDSロスになりそうです。

はるか未来の話ではありますが、全くの異世界ではありません。現在と地続きの未来です。ですから、生態系がまるっと変化してはいても、おとぎ話の住人のようなものを登場させるわけにはいきません。

そういうものを登場させた時点で、物語は「荒唐無稽」なものになり、どんなに主人公らが阿鼻叫喚しても「薄っぺらい」ものに見えてしまいます。

その点、「7SEEDS」は全35巻、危ういバランスの上で本当によく頑張ったと思います。きちんと設定内に収めた作者のバランス感覚に脱帽します。

ただただ生き延びるために、彼らはひたすら知恵を絞り、力の限り戦わなければなりません。昨日まで寝ていた暖かいベッドは、もうこの世のどこにも無いのです。

すべての巻で、手に汗を握る展開が繰り広げられます。「少女漫画だから」という理由だけで、もし読まない方が居るとしたら、「勿体ないですよ」と申し上げたい。

以前この漫画の感想に「ナツの成長ぶりを見て、未来へ行くのは伸び代のある若い人でなければならないのがよく分かった」と書いたことがあります。

若くなきゃ伸び代が無いワケではないでしょうが、まぁ、若い人には負けますよね(笑)

彼らの見事な成長ぶりは目を細めたくなるほどです。「元々が遺伝子的に、他もろもろで優秀な若者が選ばれている」という前提あってこそなんだろうな、とチラッと思ったりもしますが。

その成長ぶりが、この過酷で、時に残酷で、多くの死を乗り越えなければならないサバイバルストーリーの「救い」でもあります。

最終巻はくるみの出産、そして全員の合流…