スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

8月, 2017の投稿を表示しています

アニメーターの「今」を描く漫画2作品

ちょっと前にNHKが、「アニメーター業界はこんなに大変なんだ」という特集を流してから、アニメーター業界がいかにブラックか、みたいな記事をちょいちょい見かけます。

海外の下請け頼みの現状、それによる「ひどい」としか言いようのない崩壊した作画(キャベツの絵がただの緑色のボールだったり……)などは、以前からすでにたびたび話題にはなっていました。

過重労働の末自殺者が出たり、「やりがい搾取」という言葉を生んだり、200万に満たない年収がクローズアップされたりする、なんともブラックなイメージがつきまとう業界です。……が、一方ではこんなニュースも。

アニメーター12人が「定時帰り・土日休み」で作った長編アニメ
「夜明け告げるルーのうた」



2017年「アヌシー国際アニメーション映画祭」長編部門クリスタル賞(最高賞)受賞作品です。

作品はともかく……正直、アエラの記事って「イメージ工作やりすぎwwww」みたいなことが多くて、どこまで信じていいか分からないんですけどね(笑)

まあ、この記事を信じていいなら、良いニュースだと思います。

あと、Adobeの「フラッシュ」(Flash)は、2020年にサービス終了が決まってます。

Adobeの「Flash」、2020年に終了。ガチで

Adobeが2種類も3種類も「フラッシュ」てソフトを作っているなら別物の可能性もありますが、たぶん同じモノですよね?


さて。アニメ業界モノといえば「SHIROBAKO」が思い浮かびますが、それは置いておきまして。



 現在連載中、アニメーターのお仕事漫画2作品をご紹介します。

『アニメタ』 花村 ヤソ (著)


月刊モーニング・ツーにて連載中。

ひょんなことから老舗アニメ制作会社に就職してしまった新人、真田幸(19歳)。基礎知識ゼロ。あるのは若さと熱意と観察眼だけ。元アニメーターの漫画だけあって、賃金計算のあたりはリアルです。
まさに「過酷なアニメ業界」を描いた作品です。夢もあれば希望もある……でも現実は、というのが繰り返し出てきます。アニメーターを目指す人、アニメーターを目指さざるを得なかった人などなど、3巻までお話が進んで、登場人物の掘り下げも少しずつ進んできています。また主人公がひときわどんくさいのがなんとも……(笑)

絵柄がちょっと独特と言うか……古風? なところも、特長かな。綱渡り状態の主人公とアニメ業界。今…