スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

4月, 2017の投稿を表示しています

羽生三冠が書いた人工知能の本『人工知能の核心』

今日、こんなニュースが流れてきました。

🐦(記事抜粋)去年、史上最年少で将棋のプロ棋士となり、デビュー戦からの連勝記録を更新している中学3年生、藤井聡太四段が、23日夜インターネットテレビで配信された対局で、非公式戦ながら、トップ棋士の羽生善治三冠を破りました。 #nhkhttps://t.co/YouEJk8ZjX — NHK@首都圏 (@nhk_shutoken) 2017年4月24日
非公式とはいえ、四段が三冠を破るとは、ただただ「驚き」です。

羽生さんは本当に長い間「天才棋士」として頂点に立ち続けてきた方。今も「将棋のこと」「将棋界のこと」「将来のこと」などにいろいろ尽力されています。


猫が一番偉い長屋の話『鯖猫長屋ふしぎ草紙』

『鯖猫長屋ふしぎ草紙』鯖猫(さばねこ)、と読みます。
ぜひ、猫好きさんに読んでいただきたい時代小説です。

著者は、女流作家の「田牧大和」。

題名の通り、サバのような模様の毛並み持つオスの三毛猫が登場します。


評価分かれる最終回「アイアムアヒーロー」完結

『アイアムアヒーロー』花沢健吾 (著)
大泉洋主演で映画化もされた本作品ですが、先日最終巻が発売されました。人類がゾンビに襲われるパニックホラー漫画です。
全22巻。2009年の1巻から8年近くかけての完結となりました。

アイアムアヒーロー(1) (ビッグコミックス)花沢健吾

小学館 2009-08-28
売り上げランキング : 3733


Amazonで詳しく見る by G-Tools